100

カラダにいい音楽
2015.03.09

春はすぐそこ!今から予習したい、
カラダにいいフェスのススメ。

寒い冬も、ようやく終わりが見えてきた。待ちに待ったアウトドアシーズンの到来まで、あともう少しです。登山やハイキング、キャンプなどなど。道具から体調まで、コンディションの仕上げに入っている人も増えているでしょう。
春の日差しを浴びながら音楽を聴いて踊ること。心身ともにいいことしかありません。春の音楽フェスティヴァルのスケジュールや、出演者のラインナップも出てきたので、これは聴いておきたいステージを、ここでまとめてご紹介。

 

 

 今年はどのフェスをとっても、非常に豪華なラインナップなので、開催日順に進めていこう。まずは、5月15日(金)の前夜祭からスタートし、週末2日間にわたって開催される『THE STAR FESTIVAL 2015』。今年もキャンプサイトを併設し、128ヘクタールを有する広大な森林公園、スチールの森にて開催。
まず、超高性能な3体のロボットとバンドを結成して制作された『Music For Robots』(14年)と、人間vs機械(ロボ)によるパフォーマンスが、いまでは伝説として語り継がれているスクエアプッシャーが登場。EDMを独自の解釈でカットアップ&エディットした新作『Damogen Furies』を引っさげてのステージはどのようなステージになるか、現時点で予測不能ながら大きな期待がよせられている。さらに、いまではベルリンのトレンドセッターとなるを主宰するDJ ZIPと、最早盟友ともいえるFUMIYA TANAKAが出演。またハンブルグのを主宰するDJ KOZE、AXEL BOMANが登場。テクノという切り口では、最新の見本市のようになる切り口になるフェスだ。
 次は横浜のベイエリアへ。5月23日から2日間、記念すべき10周年をむかえる『GREENROOM FESTIVAL 2015』。なんとザ・ウェイラーズが登場。ボブ・マーリーと共に活動し、数々の名曲をレコーディングやライブで披露した伝説のグループだ。ボブとリー・ペリーをして、現在も数々の音楽家たちから“ジャマイカ音楽史上、最強のバンドアンサンブル”と評される演奏は、いまから楽しみで仕方がない。
 そして、5月30日からは長野県松本市のこだまの森で開催される『TAICOCLUB’15』。現在、発表されたラインナップの中で、最も注目なのは5年振りの来日となるAutechre。『Exai』(13年)で聴かせた孤高のサウンドデザインが時を経て、どのように進化しているのか。漆黒と暖かさが同居するサウンドは、都市で聴くとまるで夜の森を彷彿とさせる出来映えだったが、はたして本当に森の中で聴くとどうなるのか、楽しみだ。そして、名門と契約以降、快進撃が止まらないRobert Glasper Experimentも。コモンやノラ・ジョーンズらラッパー/シンガーを迎えた新作『Black Radio2』を発表、グラミーを受賞した直後。一体、長野の森の中でどんなオーガニックグルーヴを響かせるのか。

 

今回おすすめするフェスは、気軽に参加できるものが多い。夏のフェス本番に備え、心身共に準備するにはピッタリなのかもしれない。

 

文章/渡辺克己

『THE STAR FESTIVAL 2015』
開催日時:5月15日(金)前夜祭、5月16日(土) 、5月17日(日)
開催会場:スチール®の森 京都(京都府南丹市日吉町天若上ノ所25)
http://www.thestarfestival.com/

 


『GREENROOM FESTIVAL 2015』
開催日時:5月23日(土)、24日(日)
開催会場:横浜赤レンガ地区野外特設会場(神奈川県横浜市中区新港1-1-1)
http://greenroom.jp/

 


『TAICOCLUB’15』
開催日時:5月30日(土)、31日(日)
開催会場:信州やぶはら高原 こだまの森(長野県木曽郡木祖村小木曽3362)
http://taicoclub.com/15/

PAGE TOP