004

困った時の駆け込み寺を持つ
2013.09.20

Photoshopの修正より効果的!?
取材を受ける前のフェイスケア。

規則正しい生活がいのはわかっていても、なかなか実践できないのが人間の性。暴飲暴食、不摂生。その付けは体調不良という形で自分の身に返ってくる。そんな時に頼りになるリセット場を、大人なら持っていたいもの。著名人たちの“私の一軒”を聞いた。

 

著書の取材などで写真を撮ってもらうことがあるんですけど、お酒が好きで前日でも結構飲んじゃうんですよね。次の日顔がパンパンになって、スタッフの方によく怒られます。で、紹介してもらったのがここのフェイシャルマッサージ。施術後は顔の輪郭が「Before→After」の写真かと思えるほど細くなっていて驚きました。頭皮から顔の肌をリフトアップするので目の開き具合も大きくなるみたい。もしかしたらPhotoshopの修正より効果的かもしれません。

 

柴崎竜人
しばさき・りゅうと
1976年生まれ。小説家。処女作『シャンペイン・キャデラック』で三田文学新人賞受賞。脚本家やコンセプトプランナーでも活躍。近著『オワ婚』。
 
〈MAISON DE YONNE〉
働く大人のための本格スパ。海藻など天然素材を使った施術で、ボディやハンド、フェイシャルコースが揃い、全身ケアが可能。柴崎さんのおすすめは、「ファーミングリフト」(90分)11,500円。
●東京都港区南青山5-4-44南青山シティハウス204
☎03・6427・9773
http://maisondeyonne.jp

PAGE TOP